Latest Entries

頭に良い食べ物

認めたくはないけどアラフォーという年頃のせいか、食べ物にも少し気を使わなきゃなと最近思い始めたつぬたりです。

太り効果バツグンの揚げ物類はもう何年も全く食べてませんが、逆に、頭や体に良いものを積極的にとることも心がけようと思っている次第です。

特に、頭は大事。頭脳労働をする職業柄、頭のキレは労働時間と質、ひいては生活そのものを大きく左右する重要な要素です。冴えてる時とそうでない時って、生産性が何倍も違うもんね。

その「冴えてる時」を少ないながらも増やせないかと思って、頭に良いと言われる食べ物を軽く調べてみましたのでここにメモしておきます。情報源により少し差異もあるのですが、概ね共通していてかつ簡単に手に入り、習慣づけがしやすそうなものは

1. チョコレート
2. 魚、特に青魚
3. 大豆製品
4. ナッツ類
5. 卵
6. 緑茶

のようです。朝食は、納豆タマゴご飯に焼きさばなんか食べたら最高ってことですね。あとは豆腐のみそ汁。食後はもちろんお茶で、デザートにチョコとナッツでしょうか。お腹いっぱいで頭回らなくなりそうではありますが。

ちなみに、昨年の12月でお酒は止めました。一滴も飲まずにもうすぐ3か月になります。これは効果てきめん、夜も朝も、頭が有効に働いている時間が明らかに増えます。お試しあれ。私もいつまで続くかはわかりませんが…。

館山の釣り情報

南房総、館山。来週釣りに行く予定なので、ポイントや釣果などの情報を調べています。今後のためにもざっとメモ。

ボート釣りを想定しているので、ボート屋さんの情報が多いです。それ以外にもあるけど。

アジロボート
釣り物カレンダー http://www.ajiaji.net/fishing/seasonfish.html
釣り場マップ http://www.ajiaji.net/fishing/Point_Tateyama.pdf  (タイヤ漁礁の緯度経度記載あり)
釣果情報ブログ http://ajiroboat.blog6.fc2.com/

高尾商会
フィールドマップ&釣りカレンダー http://www.takao-shokai.com/image2/point.pdf

マリンスポット釣吉
釣果アルバム http://marinspot.com/tyoka

房日新聞
内外房の釣り情報(毎週金曜日に更新) http://www.bonichi.com/Guide/index.htm?cid=3

リアルタイムじゃないけど、シースタイル釣査隊の館山の記事 http://sea-style.yamaha-motor.co.jp/report/vol23/

釣り情報って探せばいくらでも出てきそうだけど、地域、時間帯、釣り方、釣りたい魚などで自分に関係のありそうなものだけ選び取るのは技術が必要ですな。

釣り強化週間

ボートやヨットに乗って頻繁に海に出ているのに、釣りをしないのはもったいない。あと、長男カンタもやりたいと言ってるし。

というわけで、長らく意識的に距離を置いてきた「趣味の王様」・釣りに、私も手を出すことにしました。基本的には、手前船頭のボート釣りを中心にやっていこうと思います。

釣りに行くのであれば、早いとこ一人で色々とできるようにならなければならない。その練習のため、世間様より長めに取った正月休みの間に、ちょっと集中的に出かけることにしました。1月5日~10日の6日間のうち、釣りに行ったのが実に4日。こんなことはもう一生ないでしょう…。

そのダイジェスト版です。

1月5日、月曜日。冬休みも最終日となったカンタ小1を誘って、葉山マリーナで小さな釣り船を借りて海に出ます。

2015_ 1_ 6_ 7_20

しかけは、ISPAの河野インストラクターがヨット練習中にふと言っていた「タイラバいいですよ」の声を盲目的に信じて、よくわからんけどとにかくタイラバ。

でも、この日は風が強くて釣りにくく、しかもポイントなどよくわからなかったため、一日中全く釣れませんでした。アタリと思しきものも一切なし。

暇なので、カモメを釣っている(ように見える)カンタ。

2015_ 1_ 6_ 7_21 (1)

手ぶらで帰港。葉山マリーナの夕暮れです。超有名なマリーナだけあって、さすがにロケーションは最高ですね。

2015_ 1_ 6_ 7_21

1月8日木曜日。今度は三浦半島南部、油壷のシーボニアから出艇です。世の中は休み明けの平日、カンタも当然学校なので、一人で海に出ます。趣味はやりたくなったら一人でもできないと長続きしないので、これでいいのです。

仕掛けは当然タイラバです。

2015_ 1_15_ 8_52

そしてなななんと!マリーナの目と鼻の先、諸磯の沖で、真鯛をゲット!!

2015_ 1_15_ 8_52 (1)

ハゼとかの小さな魚を除いて、私が人生で初めて釣った「大きい魚」でした。釣られてくれてありがとう。海からたった今上がってきたタイって、赤く輝いてて、あと青い斑点とアイシャドーがあって、びっくりするほどきれいでした。

この日は、夕方沖上がりの前にホウボウも釣れました。帰ってからまな板に並ぶ本日の釣果。真鯛は刺身、タイ茶、かぶと焼きに。ホウボウは翌日にお刺身でいただきました。

2015_ 1_15_ 8_53

明くる1月9日金曜日は、ヤマハ・シースタイルの海釣り講習に参加。会場は横浜のD-marinaで、都会の中という場所柄、シーバスを得意としているマリーナのようです。

午前中に簡単な講義やキャスティングなどの練習をした後、午後イチに出船。操船を代わりつつポイントを3か所くらい移動して、最後のポイント(京浜シーバース?)で入れ食い状態に。小一時間ほどのポイント滞在で、船中3名で6本釣り上げました。

2015_ 1_15_ 8_57

上写真のものも含め私は2本釣ったのですが、前日に釣ったタイの半身と、あとホウボウも丸ごと一匹まだ冷蔵庫に残っていたため、シーバスは2本ともリリースしました。でも、シーバス釣りの人気の理由がわかったような気のする、スピード感のある釣りでしたね。

釣り強化週間の最終日、1月10日土曜日。この日はいつもの浦賀から出港です。船はポーナム26L。初めて乗ったけど、走波性も燃費もよくて、とってもいいフネですね~。マイボート持つとしたらこれがいいな。

2015_ 1_15_ 8_59

少し強めの北風の中、まずはマリーナ目の前の久里浜沖で釣り始めるも、アタリなし。続いて三浦海岸沖を南下し、剱崎沖で釣り始めたら、一投目でヒット!真鯛です。少し小さいのでチャリコと言ったほうがいいかもしれない。それにしても、タイラバ最強ですね~本当にタイが釣れるんですね。

2015_ 1_15_ 9_ 0

この後は東京湾を一跨ぎして勝山の浮島沖で釣るも、また生命反応なし。最後に久里浜沖へ戻り、船を返す時間まであと10分くらいはできるから、それまで釣っていこう!ということで竿を出したらヒット。

かなり大きなホウボウでした。くわえてるのがタイラバです。タイの他にも色々釣れるようです。

2015_ 1_15_ 9_ 1

この「最後の10分で釣れた」というのは、今後に向けて大きな学びになりました。釣れる確率を上げたいのであれば、時間ある限り釣り続ける。キープフィッシング。いろいろな釣り理論があるなかで、唯一常に正しいのはこれでしょうね。

というわけで、本日の獲物。真鯛とホウボウという先日と同じ組み合わせですが、大きさが入れ替わってます。

2015_ 1_15_ 9_ 2

この日は三男のお誕生お祝いをやったので、真鯛は三男が一人で全部食べました。小さめとは言えタイを一匹食べる2歳児って…恐るべきフィッシュイーター。家族の他の者は、大きなホウボウをお造りにして分け合いました。ちなみに、ホウボウはタイより美味しいかも?と言ったら賛同してくれる釣り人は結構いる気がします。

以上4日間の釣り強化週間で、釣果はシーバスx2、真鯛x2、ホウボウx2でした。釣れてる写真だけ並べると爆釣してるように見えるのですが、日程を決めて準備をし、当日は早起きしてマリーナまで運転して、船の準備をして出船して、丸一日海の上にいてやっとこれくらい釣れるという感じなので、一匹のゲットまで至る手間たるや相当なものですね。

でも数やサイズを追うだけではなく、日ごとに違う海や空の表情を眺め、季節ごとの釣り魚との出会いを楽しむ。そのように自然の豊かさや多様性を実感できる趣味として、今後も長く楽しんでいきたいものです。

バイクのユーザー車検

明けましておめでとうございます。
今年は昨年よりは真面目にブログを更新していきたいと思います。

愛車(と言ってもあまり乗ってないけど)トライアンフ・デイトナの車検有効期限が近づいてきたため、ユーザー車検に行ってみました。以前乗っていたVFR750やXJR1200でもユーザー車検をやったことはあるけど、もう10年くらいは前の話になるかな。なので、必要書類や手順をネットで軽く下調べしてから行きました。

備忘録を兼ねて書いておきたいと思います。

全体の大まかな流れは下記の通り。

1. ユーザー車検の日時を予約する
2. 必要な書類を準備しておく
3. 当日の検査に臨む

うち、事前準備(車検場への持参)が必要な書類は下記の通りです。
- 車検証
- 納税証明書。納税した際に、継続検査用というのが手元に残っているはず。なくなってたら市町村の役所で再発行してもらえます
- 自賠責の保険証。住所などの情報を新保険証にそのまま転載してもらえるので、旧保険証を持っていくと便利
- 定期点検整備記録簿。ネットでダウンロードして、自分で記入すればオーケー桶

検査場は、車両の登録地に関わらず全国どこでも構いません。うちだと習志野ナンバーなのですが、習志野の検査場は道が狭くて行きにくいので千葉を予約しました。

世の中の正月休みが明けた1月6日の午前枠を予約して、朝9時過ぎに車検場へ到着。後ろの車がおもむろにボンネットを開けてるのがそれっぽいです。駐車場にとまっている車はまばらで、今日は幸いにして空いているようです。

2015_ 1_ 6_11_17

ここは陸運だけではなくて、3階には海事の窓口もあるようですね。ボートを買ったらお世話になるのかな。

2015_ 1_ 6_11_17-1

事前書類さえきちんと揃っていれば、ユーザー車検の受付窓口で親切に流れを教えてくれます。教えてもらった通りに重量税や検査費用を支払い、検査申請用紙を買って記入し、自賠責保険の更新をして、再び受付窓口へ。それじゃ、検査ラインの横に二輪待避所があるからバイクと書類持ってそこで待っててください、と指示されます。

検査の内容は、まずはラインの前で外観、車軸の締め付け、ウインカー、ホーン、ブレーキランプ。あとは車台番号を見て同一性の確認。そしてシリンダーヘッドのオイル滲みなどを、ライトを照らして見ていたようです。そのチェックが思ったより念入りだったもので少しドキッとしましたが、結果はOKでお次はラインへ進入。

ラインでは、まずは前後ブレーキの効き具合を検査します。次にスピードメーター、そして難関のヘッドライトの光軸、光量検査。バイクは落ちるとしたらここで落ちる人が一番多いのですが、今回は奇跡の(?)一発クリア!あ〜よかった。

ヘッドライトが済んだら、最後に排気ガスの検査をします。これは以前はなかったと思うけど、何年か前に導入されたようです。アイドリングの状態で、排気口にプローブを30cmくらい突っ込んで検査します。

2015_ 1_ 6_11_17-2

ほどなくしてOKのランプが点灯し、これにて全ての検査項目が無事に終了。検査自体は全部で10分もかからないくらいで、終わってみればあっけないものです。

なお、ちょうどこのときフェラーリやマセラティ、BMWなどピカピカの車を何台もトレーラーで運んできて、新規登録の検査を通しているディーラーさんがいました。私のバイクの後ろにも、「ザ・フェラーリ」という感じの赤い車が見えています。いいね〜フェラーリの新車か〜。一台何千万円もする外車に囲まれると、チマチマと二輪のユーザー車検をやっているのがちょっと惨めになってくる?いえいえいいんです、バイクが好きなんだから。

2015_ 1_ 6_11_17-4

最後に総合判定合格のハンコを押してもらい、受付の建物に戻ります。最終的な書類のチェックをして、新しい車検証とシールがめでたく交付されました。

2015_ 1_ 6_11_17-6

ここまで、車検場に到着してから45分くらいでした。車検場が空いていたのと、幸い全ての検査を一回で通ったためあっという間に済みました。ん〜、この程度のことでバイク屋に頼まなくてホントよかった。

書類を持って家に帰り、ナンバープレートのシール貼り替えです。しかし!ここでちょっとした問題が発生。古いシールの土台部分が強固に貼り付いており、上だけ剥がれて残ってしまいました。爪でこすってみても、汚く残るだけでうまく剥がれません。この上から新しいシールを貼り付けてもいいけど、見た目が悪いし、何より2年間接着が持たずに脱落してしまうリスクがあります。

2015_ 1_ 6_11_17-7

ここですかさず、シール剥がし「雷神」登場。ちびっ子がいる家の必需品ですが、ここで役に立つとは思わなかった。

2015_ 1_ 6_11_17-8

シュッと吹きかけて、浸透するまで2分くらい待てば、あとは指でこすってヌルヌルと剥がれます。さすが雷神。2年先の車検有効期限を示す新しいシールと、透明のカバーシールを貼り付けて完成です。

2015_ 1_ 6_11_17-9

これにて、ユーザー車検のプロセスは全て終了。お疲れ様でした〜。費用は法定費用のみなので、自賠責含めて19000円くらいでした。

2015_ 1_ 6_11_17-10

それにしても、車検時のメーター読みが前回は4100km、今回は5600km。2年間で1500kmしか走っていないことになります。しかも、そのうち600キロは志賀草津へ日帰りツーリングに行った時の走行距離。だからその一日を除けば、2年間でわずか900キロ!ん〜、これはいくらなんでももったいないな。学生時代は通学、バイト、ツーリング、サーキットなどで年間3万キロくらい乗ってたんだけどね…。ユーザー車検も終わったし、冬もそろそろ底であと2ヶ月もすれば暖かくなってくるし、バイクで出かける機会を増やしていけたらと思います。

本栖湖キャンプ場

子供たちのアウトドア入門によかろうと思って(一番下はまだ1歳だけど)、今年は結構キャンプも頑張りました。うち、気に入ったキャンプ場について思い出した時に書いていこうと思います。

9月に行った本栖湖キャンプ場。ここは本当によかったなあ。一言でいうと、地味で自由。最近主流?の、管理が行き届いた快適なオートキャンプ場とはだいぶ違います。

林間のフリーサイト。邪魔にならなければどこでもどうぞ、という感じですが、真っ平らな場所は早めに埋まるのと、雨の後は水たまりになるので場所探しは重要です。

2014_ 9_16_ 6_32

キャンプ場から一本道路を渡れば、すぐに本栖湖の湖岸。富士五湖の中でも特に静かで、風光明媚で好きですね本栖湖は。うちのアホな長男はさっそく服のまま飛び込んでますが…。でもやっぱ、男の子はこうでなきゃね。その横で、次男は網で石を取っているようです。

2014_ 9_16_ 6_33

周囲にはハイキングコースもたくさん。このときは2泊3日で滞在したため、二日目にハイキングをしました。少し登っていくと、木々の間から本栖湖の神秘的な湖面を見下ろすことができます。本栖湖は深さ121m、富士五湖の中で群を抜いて深いのです。

2014_ 9_16_ 6_35

夜になったら宴会だ。そこらに転がっている溶岩の岩のようなものを並べて適当にかまどをつくり、直焚火OK。焚火にワイン、キャンプの醍醐味です。でも後始末はちゃんとしましょう。

2014_ 9_16_ 6_36

本栖湖の目の前というロケーション上、普通のキャンプのほかにも、カヤック、ウインドサーフィン、そして釣りなどを主な目的として滞在している人も多いようでした。

なお、キャンプ場の場内から湖と反対の方角に富士山が見えるのですが、あまりに近いためそれと気づかずに過ごしている人がほとんどの模様。

そのほか基本設備についてまとめておくと、
○ トイレ: 昔の小学校のトイレ的な質のが場内にいくつかあります。水洗。
○ シャワー・お風呂: なかったな。富士五湖周辺には日帰り温泉がたくさんあるので、それを利用しましょう。管理棟で割引券も配ってました。
○ 売店: カップラーメンやお菓子類が少々、あとはビール、アイス、薪、地元産の微妙な漬物のようなもの、などを売ってました。
○ 炊事場: 場内各所に炊事場あり。お湯?今どきのキャンプ場じゃあるまいし、そんなもんは出ません。
○ 管理棟: ごみ袋をくれます。何か聞くと色々と手を焼いてくれて親切でした、という印象。

あと、管理棟の近くに子供用のジャングルジムと滑り台がありました。設営や撤収の間にそういうところで遊んでてくれるとかなり楽なので、この手のちょっとした施設って意外と嬉しかったりします。

予約は不要(というか不可)で、いい場所は早い者勝ち。2泊以上するつもりなら東京からもそんな遠くないし、ふらりと来ていきなり泊まれる。そしてなんといっても、標高900mの高原できれいな湖のほとり。ん~、夏場の避暑は来年もここで決まりですな。

Appendix

プロフィール

つぬたり

Author:つぬたり
理学博士、3男児の父、丸の内ビジネスマン、そしてアウトドア超実践派の気象予報士。

アウトドアでの主な活動分野は、山と海、そしてトライアスロンやトレイルランニングなどの競技です。競技はアイアンマン・ジャパン、全日本宮古島トライアスロンや日本山岳耐久レースなど長距離レースの完走実績あり。しかしタイムは遅いので、もっと目標を持って頑張らないといけません。

山はここのところ冬がメインで、2014年1月の赤岳(八ヶ岳)登頂を皮切りに、阿弥陀岳北陵、白馬岳主稜などの雪山バリエーションルートの登攀を行いました。ただし「自分の技量を全く信じない」のがモットーなので、いつもガイドさんと一緒です。2014-15の冬シーズンは、もう少し難度の高いルートへの進出を目指しています。

海はボートとヨット。ISPAデイスキッパー(セーリング)の資格を有していますが、若葉マークでまだまだこれからです。あと、スキューバダイビングも時々思い出した時にやります。生涯ダイブ本数は50本強。

気象予報士試験の合格と予報士登録は2009年です。この地球に生まれ、かつ豊かで変化に富んだ国土を持つ日本に生まれたことを幸いに、自然の美しさと不思議さを肌と頭の両方で感じまくることが全ての活動の基本テーマ。そのため、理論と実践の両輪で研鑽を続ける日々です。

月別アーカイブ

ブログ内検索